【メルカリ副業のコツ情報取集編】有名店舗セドラーは必ず持っている!儲けるためのグッズとは?

プロ店舗せどらーのテクニック
プロ店舗せどらーのテクニック

AmazonのFBAを使って、大量の転売に成功しているプロセドラーさんたちのyoutubeで勉強した結果報告。プロが使っているツールとアプリがすごかった!

私はの副業の舞台はメルカリ、フリル、ヤフオクといったフリマアプリです。AmazonFBAで、薄利ても大量にさばいていくプロ転売はまだやっておらず、あくまで本業を持った副業活動といったところです。それでも、目標の年収に向けて、月々、楽に4万円は稼げているので、本業が厳しいこの時代、かなり生活を支えてくれる商売になりました。

さて、でもここは競合他社分析。AmazonFBAをでジャンジャン稼いでいるひとも、週末にほそぼそとした活動で1万円稼いでいる私でも、仕入先は同じ。イオン、イトーヨーカドー、ドン・キホーテ。私の仕入れ領域ともかぶる部分もありますので、彼らが主に情報発信しているyoutubeの動画を全部見てみました。

どちらかというと、最近は電脳せどりがメインだったので、店舗せどりを本格的にやってみよと思う中で、かなり基本的なコツを彼らから得られたと思います。

プロ店舗セドラーが使うバーコードリーダー

基本的なことなのですが、プロセドラーは、とにかくたくさん仕入れます。副業と違って、生活していくので、仕入れ資金もすごい額のようです。仕入れないと、売れない、利益がでないですしね。
そのため、「利益が出る」「利益が出ない」を瞬時に見極め、そして数多くの仕入れ候補品をチェックする必要があるのです。

商品の利益が出るか出ないかは、Amazonでの販売価格と比較して、送料や手数料を除いても、今目の前にある仕入れ候補品の仕入れ額のほうが安いかどうかを知るひつようがあるんです。

そこで、Amazonでの価格を調査します。もちろん、商品名をスマホのAmazonアプリに入力する必要があるのですが、これだと効率が悪いのです。
テキストを入力する代わりに使うのがバーコード入力。
Amazonの公式アプリを使って、バーコード読み取り機能を立ち上げて、スマホを商品にかざして、ぴピピ。
これだとプロとしては失格。
youtubeを見ると、陳列高の高いところに仕入れ候補品があることも多いようで。ドン・キホーテが想像しやすいですね。棚の高いところにも魅力的な商品が多数あります。

なかなかスマホをかざして、というわけにはいかないですね。

ここで、スマホにブルートゥースで読み取りデータを送れる、高速なワイヤレスバーコードリーダーが必要なようです。

Amazonでもいろいろ売ってます。意外と高額なのですが、これで仕入れ効率がかなり上がるとなると、減価償却できますね

売れるかどうかを教えてくれるアプリ

入力が終わったら、次はAmazonでの価格調査です。

1.Amazonでいくらで取引されているか

2.どれくらいの頻度で売られているか

3.送料手数料を除いた損益分岐点(仕入れてもいい値段)

これが基本機能です

おすすめアプリ一覧

 

1.モノレート

2.amacode(アマコード)

3.セドリスト

4.プライスター
正直上のアマコードでも最低限の機能は兼ね備えているので、月額料金が必要なプライスターか活用していません。収支管理がアプリで一括でできるのは大変魅力的です。そのほか、より高度な機能、もしくは高速なのかもしれません。
私はまだメルカリに軸足を置き、副業として成功できればいいな、と思っているのでアプリは無料のアマコードで大変満足しています。

要注意! Amazon販売とメルカリ販売では仕入れ基準が異なる

メルカリで転売していくコツを中心に情報発信しているブログなのに、Amazon販売のコツを書いてきました。改めて、メルカリ転売での副業に話題を戻します。

Amazonで利益が出るかを調べた理由は2つ。
1つは、メルカリで売ることを前提に、もうかるかどうかを調べてみたのですが、Amazonで売ったらもっともうかるのか?を知りたかった。

2つ目は、Amazonとメルカリとどっちが安く売っているのかを調べてみたかった。

実験してみて分かったのは、
やはり、Amazonは専業セドラーに任せたい。プロ転売ヤーたちは、かなり薄利多売なのだなと。彼らのyoutubeの中にもありましたが、1個200円の利益しか出ないようなものもどんどん仕入れています。どちらがいいかはわかりません。梱包発送の手間がないので(正確には委託料金を払っているのですが)、薄利でも問題ない。

2つ目は、Amazonよりもメルカリのほうが高額でも売れている。つまり、仕入れ値が高くて、Amazonで売っても利益が出ないが、メルカリで売ると利益が出る商品が多かった。お客さんの行動として、
まずはAmazonで調べる

メルカリで調べる

Amazonが安いからAmazonで買う
ということを想像していたのですが、多くのケースで違っていたようです。

メルカリのほうが高いのに、メルカリで買う。
このからくりには、「売上金」があるのかもしれません。転売や断捨離で手元資金に余裕があるからあまり、他のマーケットを調べない。Amazonのほうが安いのに。もしくは最近多発されているメルカリクーポンを使うと、メルカリのほうが安いときがある。

結果として、この記事で述べたツールを使った価格調査はしていきたいですが、はやり、私はメルカリ、ラクマを使って副業していきたいと思いました。