【メルカリ副業成功のコツ仕入編】儲けているプロがやるリサイクルショップでの行動は?

転売のプロがリサイクルショップでやっていること
転売のプロがリサイクルショップでやっていること

 

転売、せどりのプロのYouTubeやブログでリサイクルショップが仕入れにおすすめという内容を見たことがある人も多いのでは?でも一体どうやってリサーチする商品を選んでいるのか分からないと感じたことはないでしょうか?ここでは、成功する商品の候補を選ぶ上で、参考にしてもらいたいコツをご紹介します。

 

ハードオフなどのリサイクルショップでの仕入れで1日数万円の利益になる仕入れができた、という内容の動画を見たことがあります。確かに、お店で売っている価格と、アマゾンで売っている価格の差があり、儲かるんだなぁと思いました。動画では次々にリサーチしていきますよね。たまに、この商品は利益が出ない、と言って購入しないケースもありますが、どんどんと儲かる商品をリサーチしていきます。

リサイクルショップに、一体何千、何万という数の商品の中から、どうやって候補を絞り込んでいくんじゃい!と思ったこと、ありますよね。

もちろん、お店の端から端まで1点1点リサーチするのは大変。
お宝を効率的にゲットするコツを大公開。

店舗の入り口から入って、何をしますか?

何をすれば効率的に儲けることができますか?順にご紹介します。

まずは、店舗入り口ワゴンの中

トレファク、ハードオフなどどこにいってもあります。
発見率は10%程度ですが、5倍ぐらいに化ける商品が眠っています。
トートバッグ、ショルダーバッグなど280円から480円程度のバッグが多いです。
私がバッグをお勧めする理由は、靴や洋服と違って、サイズを問わないこと。
ナイキやアディダスなど、男女両方いけるので、お客さんを半減させないものが多いこと。
用途に応じて、同時にひとり多くのバッグを使い分けるから買ってくれる可能性が高いこと。

そして何より、たたんで薄くなるので、送料が安く済むものがおおく、利益が出しやすいことです。

「未使用品」というタグを探す

これも、発見率は低いですが、特にトレファクなんかは、「未使用」タグがわかりやすいので、見つけたら必ず手に取って、フリマアプリを調査します。
フリマアプリでは、中古品では傷や汚れが判別しにくいため、未使用品が好まれます。だから、未使用品を仕入れたいところですが、当然通常に未使用品を仕入れようとしても仕入れ額が高くなり、利益が出にくいのです。そこで、一度人の手に渡ったリサイクル品でも、タグが付いている物、つまり「未使用品」を狙うのです。
なかなか、新品を半額程度で手に入れることができるチャンスは少ないので、見つけたらガッツポーズでまずは買い物かごに放り込みます。

1000円以下の商品を探す

フリマでは、やはり顔の見えないやりとりとあって、なかなか高額の中古品を買うには抵抗があります。私の経験上、メルカリやヤフオクでは5000円以下、3000円以下、になることでどんどん売却率が高くなります。
そすると、自然と仕入れ値を下げないと利益がでないので、まずは、仕入れ額1000円以下、というのが目安になります。
でも100円とか、仕入れ額が安すぎるものは、売値も300円程度にしかならず、送料を考えると利益は出ません。
ちょうどよく、500円程度の利益が出せ、売却率が高い商品が1000円程度の仕入れがねらい目です。

SALE品を探す

実は、リサイクルショップってあまり安くないんです(笑)というか、逆に、メルカリの中古品が安い。(みんな、もっと高く売ろう!)
通常商品だと、メルカリの手数料と送料をひくと、利益出ません。
だから、SALEを狙います。
夏、冬の季節の終わりは効果的です。
すぐには売れませんが翌シーズンまで待てそうな、超流行型のデザインではなければ、倉庫に寝かすつもりで仕入れます。仕入れ額が抑えられるので利益は高くなりますね。
SALEは一般的なバーゲンシーズン以外にもちょくちょくやります。ブックオフ、ハードオフは頻度も高く、アプリでお知らせが来るのでしっかりチェックしましょう。

そして、ここは、まだ開発中のコツなのですが、、

ちょっとエピソードが。
ハードオフのセールは、期間ごとにレディースファッション、スポーツ用品などジャンルが区切らています。
レディースファッションコーナーにこれは仕入れたい!というスニーカーを見つけ、レジへ。
「スニーカーのセールは明日からなのですよ」と言われ、「じゃ、いりません!」と即答。
くやしい思いをしながら、翌日リベンジ。朝一行けなかった、というのもあるのですが、すでに店頭になく。

セール期間は、店頭に出さない、ずるい店員がいるのか、本当に売れてしまったのか。

ふと思ったんです。

セール前日に店舗にいって、めぼしい商品を見つけ
これを、店舗のどこかに隠しておいたらどうなんだろう。基本的には1点ものばかりで、雑然と置いてあるので、例えばスニーカーを全然興味を持たないような人が集まる、オタクフィギアコーナーに置いておく。

これって、悪いことなのですかね。スーパーなんかではたまにありますよね。子供が欲しいといって持ってきたお菓子を、今日は買わない!といって、お惣菜コーナーにおきざり、というシーン。

これは実践してレポートしますね。

売った経験のあるものを探す

ここが、かなり個人的なコツになります。

一度売ったことがある商品を探してみる。

これ、初心者にはきついんです。だから中級者のコツです。
だって、打ったものが少ないんだもの。
だから、しっかり家の断捨離をやって、初級の壁を突破する。
なにも、過去に仕入れて売ったものじゃなくてもいいんです。断捨離で売ったものでも、ものの相場がわかりますよね。

ちょっと余談ですが、一度売ったおもちゃ。家の中から一度なくなったおもちゃを買ってくると、小学生の息子は不思議そうな顔で私を見上げました。
なになってんだか。

いいんだよ!仕事だよ!お前が遊んだおもちゃ、けっこう高くて人気あるものを買ってやったんぞ。

「・・・」

小学生ってつめたいですよね。

さて、とにかく一度売ったものだと、どの程度の傷や欠品があってもいくらで売れた!という実績をもとに考えれば、損する可能性の低くなります。

そして、ここから類似商品、同系統の商品へと発展させていくと、仕入れる幅が広がり、店舗に行って、利益がでる商品を発見できる確率が高くなります。
1店舗あたりで仕入れる商品が多くなると効率的ですよね。

1店舗に何種類の商品があるんでしょうか。これを1点1点リサーチするのは大変。
お宝を効率的にゲットするコツでした。